塩バター通信

シバタさんの頭の中。雑記。

なぜお金がほしいのか

お金持ちに、おれはなる!

突然叫んですみません。

少し前までは「毎日ごはんが食べれて、年に1回旅行に行けるくらいの収入があればいいわ」って思っていました。

たまたま青年実業家の方と知り合って、やりたいこととかを語っている姿を見ていると、なんだかものすごく羨ましくなりました。

個人で活躍しているひとたちを見ていても、みんな楽しそうに仕事をしているから。

わたし自身、それなりに楽しく働いているつもりでした。

なんてったって中小企業の営業事務ですし、普通というか平凡というか、それはそれでいいと、わたしは目立つタイプでもないしアイデアも無いからこうやって生きて行くのが一番いいんだと思っていました。

新卒で入社して8年経っていることもあり、中小企業の営業事務にしてはまぁまぁお給料はいいほうかもしれません。

だけど、このままでいいのかな、一生このお客さんたち相手にして生きていかなきゃいけないのかなって考えはじめてしまったんです。

 

わたしはもっと稼ぎたい

だけど「お金がほしい」だけじゃ手に入らないことはよーくわかっています。

かといって、フルタイムで働いた後にアルバイトはしたくありませんし、そもそもうちの会社は副業禁止です。

お金を得る方法を考えるために、どうしてお金がほしいのかを考えてみたいと思います。

 

お金があったら何がしたいか

お金がほしいという漠然とした欲望でなく、具体的にどう使いたいのか、本当の目的を探るために欲望を細分化します。

  • 必要なものを金額にとらわれずに手に入れたい
  • おいしい食べ物をたべたい
  • 人とたくさん会って話したい
  • 投資という応援をしたい
  • 仕事のスタイルを変えたい
  • 将来の心配なく生活したい

わたしは常に”価値に相応の対価を支払いたい”と思っています。

同じものなら安いほうがいいけれど、異常に安いものは好みません。

目的によって、これは安価なもので十分、というのはおおいにありますが。

そういう”いいもの”や”いいつながり”にもっとお金をつかいたいことがわかりました。

 

お金を得るために

わたしが”価値に相応の対価を支払いたい”と思うように、わたしがお金を得るには”誰かにとって相応の価値のある人”にならなければいけないということですよね。

自分には一体なにができるのか、ずっと考えています。

30年間生きてきて、これといってなにもない自分にがっかりしますが、絶対になにかあるはずだとも思います。

  • 好奇心旺盛
  • 協調性がある
  • 人見知り
  • なにかに突然熱中することがある
  • 普段は小心者なのに、突然大胆なことをしたりする
  • クールなようで実は熱いところがある
  • タイピングが速い
  • 女性なのに機械に強い

これは今まで人に言われたことがあること。

必死に考えて、考えて、考えて、自分の人生をもっと楽しいものにしていきたい。

今でも楽しいけれど、もっと貪欲に生きたい。

だから、収入を増やすべく、考えます。

自分になにができるのか。

 

あなたはなにができますか。