塩バター通信

シバタさんの頭の中。雑記。

自分の嫌いなところを減らしたら幸せになれる

昔から長所より短所を挙げる方が簡単でした。

「わたしには短所しかない」

そう思っていました。

短所は言い方を変えると長所になるって言いますよね。

そう言われても、どう長所として言い換えればいいのか全く思いつきませんでした。

今はようやく、いくつか出てくるようになりました。

  • 好奇心旺盛
  • 自分の感情が動いたものに対してはフットワークが軽い
  • 読書の習慣がある

とか。

あ、3つしか出てこなかった。

長所は自分でひとつでも思い浮かんだら、周りの人たちは10個ぐらい見つけてくれてるんじゃないのって思ってます。

大きく変わったのは短所のほう。

今までたくさん、いくら挙げてもキリがないくらい思いついていたのに、全然出てこなくなりました。

まぁ、物忘れが激しいとか、ありますけど、周りがそれに合わせて助けてくれて(笑)なんとかなっているから、挙げるほどの短所ではないと思っています。

短所ではなくて、そういう性質。

長所ではなくて、そういう性質。

面接とかでも、あなたはどういう人ですかって聞いてくれたほうが答えやすいですよね。

長所と短所しか聞かれたことない。

そもそもちゃんと就活してないので、きちんとした面接だとそういう風に聞かれたりするのかな?

知らんけど。

自分の嫌いなところ、なくなりました。

「自分嫌いは自分好き」と気づいてから、嫌いなところなくなるまでに10年くらいかかったけど、なくなりました。

どんな自分でもこのままでいいんやって思えるようになりました。

それは、周りにいるわがままな人とか自分の都合しか考えてない人とかすぐ怒鳴る人とか、そういう人を見て「あんなんでも周りに人がおって相手してくれるんやから、わたしの欠点なんかかわいいもんや。大丈夫や。」って思えたから。

仕事はこんな人相手ばっかりでほんまに嫌やけど、そういう気づきがあったという意味では、この仕事ができてよかったのかな。

自分の嫌いなところがたくさんある人は、他の誰に欠点と言われようとも、自分だけはそれを許してあげてください。

自分が嫌いなのは、理想の自分と現実の自分に大きな差異があるから。

理想を低くすると楽になれます。

上を見て愕然とするんじゃなくて、下を見て底上げしていく感じ。

ほんとはあんまりよくないことかもしれないけど、嫌いな人を思い浮かべて「あの人よりはこの点において勝ってる」とかから始めたらいいです。

「あの人でもやっていけてる。わたしはあの人よりは多少好かれてるはず。」とかでもいい。

思ってるだけやったら誰にもバレないから大丈夫です。

自分のこと好きになれなくてもいい。

嫌いなところを減らしていけたら、人生少しずつ楽しくなります。

私が証明です!(某美容系CM風)(このセリフ、クレーム殺到したらしく言わなくなったけど)