塩バター通信

シバタさんの頭の中。雑記。

愛想がいい=非効率的

性別が女性であることで得していることはたくさんあると思う。

20代の頃は特に。

レディースデーとか。レディースデーとか、レディースデーとか・・・。(他に思いつかなかった)

あ、あと何かミスをしたときに大目に見てもらえるとか。(これはかなり大きいメリット)

けど、それ以上に、損していることが多い気がする。

仕事では未だに「女だから商品のこと詳しくないだろう」という体で話を切り出されることが多いし、一歩間違えたらそれセクハラやぞって発言をされることも多い。

ほぼ毎日「今度いつご飯行く?」(一度も行ったことはありません)とか「顔見たいから商品引取に行くわ」とか「今度デートしてくれたら許すわ」とか、言われるし。

指名で取り次がれた電話に出たら「それ、聞くのんわたしじゃなくてもいいやんな?」っていう内容であることも多々。

それを事務所の営業さんとかに言ったら「シバタさんと喋りたいんですよ」で済まされる。

事実だとしても違ったとしても、お互いに効率悪すぎるやろ。

愛想はいいほうがいいと思ってお客さんの雑談にも対応してきたけど、こちらのノリがいいからといって仲良くなれたと勘違いするオッサンのなんと多いことか。

いちいちそんなオッサンの相手してたら仕事が全然進まなくて、結果的にまわりまわってオッサン自身に影響が及ぶということにもオッサンは気がついていない。

世の中の男性にわかっておいてほしい。

女性の愛想はサービスです。

数に限りがあり、なくなり次第終了です。

紳士的に、要件を簡潔に伝えられ、女性の手を煩わせることがなければ、細く長く愛想よく接してもらえます。

反対に、説明が長いとか、何が言いたいのかわからないとか、先述のようなしょーもない雑談をすると、わりと早い段階で使い切ってしまいます。

だから「愛想が尽きる」と言うのか!と思い至った昨日。

自分が愛想よく接してもらうほうが嬉しいから、自分も愛想よくしている方がいいってずっと思ってやってきたけれど、無駄に時間は取られるしそのわりにメリット無いし、非効率的すぎることに気がついた。

だから最近必要以上に愛想よくしないことにしている。

嫌われるほどやるのはやりすぎやと思うけど、ほどほどに。

そしたら「シバタさん最近元気ないですね?」って言われた。

元気がないんじゃなくて、これが通常運転なんです。

今まで頑張って愛想よくしてたんです。

で、その元気ないとおっしゃる状態を通常にもっていこうとしているんです。

愛想悪いのはよくないけど、特に愛想振り撒かないほうがいい。

自分もしんどいし。

「愛想よくしなきゃいけない」と思い込んでいた自分ルールを捨てました。

またひとつ楽になったー!と小躍りする金曜日の夜。

ビールを2本開けました。