塩バター通信

シバタさんの頭の中。雑記。

『アルケミスト』を読んだ

今まで、本屋さんで見かけて気になりつつも(翻訳ものは苦手だから…)と避けてきた。

昨日本屋さんで偶然立ち読みした本にタイトルが出てきて、そして隣の棚に並べられていたから、これは今買おう、と購入した。

いつもは中身をパラパラ見たり、あとがきや解説をノート読んだり、一行目(というか、たいていそのまま数ページ読んでしまう)を確認してから、購入するかどうかを決めるけれど、今回は一切中身を見なかった。

それでも、これは今買うべきタイミングなんだと思った。

買って良かった。

そして買うべきタイミングは間違いなく“今”だった。

もっと早くに読んでいればとよぎったけれど、もっと早くに読んでいてもピンとこなかっただろうな。

わたしは読み終えた本をわりとすぐに売ってしまう。

だけど『アルケミスト』は読むその時その時によって感じることや気づくところが変わりそうだから、ずっと本棚に並べておきたいと思った。

それに、今日読んで得た感動は今だけのものだから、きちんと感想を残したい。

まだ整理できていなくて書けないけれど。

近い内に必ず。