塩バター通信

シバタさんの頭の中。雑記。

読書=救い

本を読むことは、救いを求めることなのかもしれない。

「新しい知識を得る」

「新しい視点に気づかせてくれる」

「自分と似たような境遇から抜け出した小説の主人公」

「背中を押してくれた言葉」

「つまらない毎日にスリルや刺激を与えてくれるミステリー」

「日常を少し豊かにしてくれる提案」

「ささくれ立った心を落ち着かせてくれる美しい文章」

「何も考えたくないときに没頭できる漫画」

「周辺から自分を隔離するための手段」

読書はおもしろい。

これまでたくさん救われてきたんだなぁと改めて思う。

わけ隔てなくいろんな本を読みたいと思うけれど、実際のところ読む本はわりと偏っているような気がする。

たくさん読みたい。

でも、じっくり読みたい。

どちらも、というわけにはいかないので、ひとまず今年の目標を100冊読むことに設定しました。

去年は目標設定していなくて、なるべくたくさん読もう!って思い出したときだけ読む生活をしていたら、50冊だった。

今年はその倍です。

おもしろい本、あなたが好きな本、教えてください。

 

そんなわたしのブクログこちら。

http://booklog.jp/users/udon925

読み終わった本だけ記録しています。

レビューも書いておけばよかったな。